ニッチな海外留学辞典 > ニッチな留学先 > ヨーロッパ > 【デンマーク留学】オススメの語学学校一覧~ニッチな海外留学取材編③~
ヨーロッパ

【デンマーク留学】オススメの語学学校一覧~ニッチな海外留学取材編③~


当サイトへのご訪問ありがとうございます。

デンマークの首都コペンハーゲンと第二の都市オーフスにある、
注目の語学学校を取材してきました!

こちらの記事では、デンマークにある語学学校の特徴や、施設をご紹介します。

語学学校を探したくても情報が少ない!

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ワーキングホリデーや大学院開始前の事前学習や現地の様子見、また人脈作りにも語学学校はたいへん利用価値がありますので、

オススメの学校をここで一気にチェックしましょう!

デンマークの語学学校

海外の語学学校というと、寮やアパートに外国人と一緒に住んで、朝から夕方まで外国語漬け・・・そんなイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思います。

デンマークの語学学校はというと、

宿泊施設を用意している学校はほとんどなく、一般的なコースですと授業は1日2~3時間、週に2回程と授業量が少なめに設定されています。

働きながら、別の学校に通いながらであっても、無理に学習ペースを上げずに

ある程度長い期間をかけてデンマーク語を学ぶことができます。

「じゃあ、短期間でがっつりデンマーク語を学ぶコースは無いの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

集中コースサマースクールといった短期集中型のコースもしっかり提供されていますので、ワーキングホリデーや大学院開始前の事前学習や現地の様子見にも利用できます。

 

デンマークの語学学校で主に提供されているプログラムはこちら。

~プログラム一覧~

・政府公認のデンマーク語学習プログラム
・グループレッスン
・プライベートレッスン
・集中コース
・サマースクール
・発音コースなど…

プログラムの内容や特徴はで解説しています。
語学学校を選ぶ際に、プログラムの種類や内容の知識を入れておくことで、自分にフィットした語学学校をチョイスできる確率がグンと上がりますので、是非ご一読ください。

【デンマーク留学】語学学校のプログラムを徹底解説!~ニッチな海外留学取材編②~当サイトへのご訪問ありがとうございます。 先日デンマークの首都コペンハーゲンと第二の都市オーフスへ行き、注目の語学学校を取材してき...

 

【デンマーク留学】オススメの語学学校一覧

それでは、デンマークの語学学校を一挙にご紹介します!
※下記情報は2020年3月の現地取材時点のものになります。

STUDIESKOLEN

コペンハーゲンの中心に位置するStutieskolen。

メトロ1~4全ての線が停車するKongens Nytorvから徒歩5分とまさに好立地!
人気の観光地AmalienborgやThe king’s gardenも徒歩圏内です♪

今回ご紹介する語学学校の中では最高の立地といえます。

学校公式HP

学校の特徴

Stutieskolenの特徴は何と言っても取り扱う言語の数です。

その数なんと、25カ国語

外国人向けにデンマーク語の授業を提供している他に、24カ国語を主にデンマーク人向けに提供しているとても大きな学校です。

デンマーク語専門の語学学校ですと、校内で先生以外のデンマーク人と交流することはなかなか難しいかもしれませんが、

この学校には外国人の生徒以外にデンマーク人の生徒もいます。

つまり、校内でデンマーク人と知り合えるチャンスがあるという事です

取り扱っている25言語の中に日本語も含まれているので、日本に興味のあるデンマーク人にも会えるかもしれません。

 

グループレッスン1クラス当たりの生徒数は18人前後、

デンマーク語の先生は約30人と充実しています。

授業は「発音」をすごく大事にするメソッドで行われています。
デンマーク語の発音は非常に難しいので、これはうれしいポイントです。

施設紹介

赤い看板が目印です。

エントランスに取り扱っている言語が書かれていて、いかにも語学学校って感じですね。

清潔感のあるレセプション。

授業の時間、教室の場所はモニターで確認できます。

教室は大小合わせて約30~40室あります。

特大の集会スペース。

写真に写っているのは教室全体の半分ほどでしかありません。
通常の授業で使われることはありませんが、イベントや集会で利用します。

校内にあるカフェ。
写真には使い捨てカップが写っていますが、学校のロゴが入ったプラスチックボトルに切り替えて、使い捨てカップでの提供を止めようと取り組んでるそうです。

さすがエコ先進国!

授業後に珈琲&軽食タイム♪様々な国籍の学生と交流できます。

 

Speak Hellerup校

コペンハーゲンの中心から少し離れているため好立地とは言えませんが、中心地からメトロとバスで30分程と余裕で通える範囲です。

学校公式HP

学校の特徴

Speak Hellerup校の特徴は充実の学習環境です。

施設紹介で画像と合わせて改めてご紹介しますが、自習室や発音練習室、託児所、カフェ、広~い庭などの設備が用意されており、しっかりデンマーク語に打ち込める環境が整ってます。

週に数回ボランティアのチューターが学校に来てくれるのも特徴の1つです。

デンマーク語学習のアドバイスをしてくれてたり、会話の練習に付き合ってくれたりしてくれるので、学校内でも日常的に生のデンマーク語に触れられます。

また、生徒のコースや授業の進め方はカリキュラム開始前のインタビューで、しっかり先生と話し合って決めることができるので、安心して学習をスタートできます。

 

施設紹介

教室は24室あります。窓が大きくて眺めも良し。

こちらは発音練習室。

発音練習ができるだけでなく、
自分の音声を録音して、先生に提出すればフィードバックも貰えちゃいます。

こちらの写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、

とーっても広い中庭があります。
暖かい季節はみんな中庭でランチするんです。

託児所がある学校は今回ご紹介する語学学校の中ではSpeakだけ!

デンマーク人と結婚した外国人ママは配偶者ビザを取得するために、デンマーク語の試験に合格する必要があります。ママにとっては嬉しい設備ですね。

 

KARTOFFELDANSK

コペンハーゲン中心地に位置しており、メトロもバス停も近いので非常に好立地と言えます。

学校のある建物の隣には「Frederiksberg Cetret」という巨大なショッピングモールがあるので場所はとても分かりやすいです。

実際に行くまでは知りませんでしたが、デンマーク国内外のコンテストで数々の賞を受賞しているとても有名なショッピングモールだそうです。建物のデザインも出店しているお店もとても魅力的でした。

学校公式HP

学校の特徴

生徒一人ひとりに向き合い、楽しく学習を進めることがモットーの語学学校です。

学校を運営するStineさんは、大きな語学学校のグループクラス(22人前後/1クラス)で授業をおこなう先生でした。

大人数のクラスでは、生徒と向き合い、深くコミュニケーションを取る時間がなかなか取れなかったという経験をもとに、1クラス最大6人という超少人数クラスを提供する学校を作ったとのことです。

生徒一人ひとりの発話量にフォーカスして授業をしてくれるので、大人数のクラスだとなかなか発言できないという方にはとってもおすすめです。

 

ちなみに、学校名が個性的で面白い!

学校名に入っている「kartoffel」は日本語で「ポテト」

「dansk」は「デンマーク語」なので、直訳すると意味不明ですが、

学校名に「ポテト」を入れているのにはもちろん理由があります。

デンマーク語の発音・響きは

「熱々のポテトを口に入れて話している様」

と表現されることがあるため、学校名に入れたとのこと。

親しみやすくて、ユーモア溢れるネーミングです♪

私のデンマーク語学習経験に基づいたデンマーク語の発音の難しさ、発音学習の大切さを↓の記事でご紹介しています。デンマークの特徴やデンマーク留学の種類も一緒に解説しておりますので、是非ご覧ください。

【デンマーク留学・知識編】デンマークの特徴・物価・治安・言葉を解説~ニッチな海外留学㉖~当サイトへのご訪問ありがとうございます。 こちらの記事では、私自身のデンマーク生活体験や留学する際に収集した情報をもとに、デンマー...

 

施設紹介

道を挟んで隣にFrederiksberg Cetretというショッピングモールがあります。

学校があるのはこちらの建物。

建物の位置はわかりやすいんですが、入り口がすごくわかりずらい、、、

パン屋さんのとなりの「19番」の扉が入口です。
インターフォンを押して先生に開錠してもらってください。

今回インタビューさせていただいたStineさん。

生徒一人ひとりと親身に向き合う、気さくで明るい先生です。

インテリアがおしゃれ。
さすが北欧!先生曰く東南アジアのテイストも取り入れているとのこと。

 

Copenhagen Language Center

コペンハーゲン中心から近く、メトロやバスで簡単にアクセスできます。

大通りから少し入ったところにあるので、最初は少しわかりずらいかもしれません。

学校公式HP

学校の特徴

学校での授業外でも生徒のデンマーク語学習をサポートしてくれる、
とても生徒思いな語学学校です。

授業中、授業後のサポートはもちろん、宿題の進捗確認や、フィードバックをオンラインで先生にやってもらうことも可能です。

働きながら学校に通っている生徒が多いため、週2回で授業の時間帯を自由に選べるスタンダートコースを選ぶ生徒が多いそうでが、

集中コースやサマーコース、発音コースなど、様々なコースがあるのも嬉しいポイントです。

こちらの学校のサマーコースでは、デンマーク語学習の他にもデンマーク文化が体感できるイベントやアクティビティも用意されているので、夏休みを利用していってみるのもあり♪

 

施設紹介

こちらの大きくて綺麗な建物の1フロアが語学学校。

ではなく、こちらの建物すべてが語学学校です!

レセプション。
広々としていて清潔感があります。

教室は15室。

地下にはひろ~いカフェがあります。
珈琲や軽食が楽しめます♪Let’s国際交流

ちなみに、学校のすぐ近くにアジアンマーケットがありました。
醤油やポン酢、ワサビも置いてあったので、日本食が恋しくなったら帰り道に立ち寄れます。

 

A2B Sprogcenter Aarhus

コペンハーゲンからバスで4時間、第二の都市オーフスにある語学学校です。

オーフス中心部に位置しているのでアクセス良好!

学校公式HP(デンマーク語、一部英語有)

学校の特徴

モジュール3に特化したカリキュラムと、
生徒に寄り添ったプライベートレッスンが大きな特徴です。

学校周辺にはオーフス大学やオーフス建築大学があります。
大学に通う学生の中には、大学院の申込みやビザの申請などのために、
デンマーク語力証明を取得する必要がある留学生もいます。

学生の需要にこたえるために、モジュール3に特化したカリキュラムを提供しているそう。

1クラス当たりの生徒数はクラスによってかなりばらつきがありますが、4人~20人となっています。

 

プライベートレッスンのプランは生徒のニーズによって様々です。

A2Bの提供するプライベートレッスンは、通常のデンマーク学習から、会議資料の読解や作成、プレゼンテーションの作成や練習まで、非常に幅の広いニーズに答えられるコースになっています。

授業の時間帯や回数、金額も生徒のニーズによって変わってきます。
学習目的やスケジュールをコース開始前にしっかり共有して、自分専用のプランを提示してもらえますので、安心して学習を進めることができます。

 

デンマーク語力証明?モジュール3って何?という方はで解説しておりますので、是非ご覧ください。

 

施設紹介

オーフス建築大学と目と鼻の先。

セブンイレブンが入っている隣の建物にあります。
写真真ん中のガラス扉が入口です。

こちらは小教室と大教室。

照明や椅子がおしゃれ♪

 

どんな人にオススメ?

ワーキングホリデー制度による渡航者

突然ですが、皆さんに質問です。

ワーキングホリデー制度を利用して渡航した際に、
多くの人が現地で探すことになるであろう、2つのものは何でしょう?

 

答えは、

 

「仕事」「住居」です。

デンマークでは英語がある程度使えれば「仕事」を見つけられます。
ワーホリを利用する渡航者の方の定番就職先である、レストランやホテル、ユースホステルなどはもちろん、英語の習熟度によってはユニセフの広報活動やオフィスワークの仕事も見つけることができます。

「住居」探しも英語でコミュニケーションをある程度取れれば、シェアハウスやアパートといった滞在先を見つけることができます。なかには日本で住居を決めてから渡航する方もいらっしゃいます。

しかし、タイミングの問題もありますし、
誰でも簡単にサクサク「仕事」「住居」を見つけられるというわけではありません。

そこで、

デンマークに渡航後、すぐに「仕事」探しや「住居」探しをするのではなく、
まずは仕事を見つけたい街、住みたい街の語学学校に通うというのも選択肢の1つです。

語学学校に通うことは「仕事」「住居」を探すにあたってメリットだらけなので、かなりオススメできます。

語学学校に通うメリットはこちら、

・語学レベルを高められる
・仕事を始める前に現地での生活に慣れる
・語学学校の先生やスタッフから現地生活のアドバイスをもらえる
・デンマーク人以外との人脈も広げられる
・同じ留学生として学校の友達と仕事や住居の情報を共有できる、助け合える

 

修士・博士課程の学生(特に卒業後デンマークでのキャリアをお考えの方)

例えば、英語で修了できる大学院に通っている場合、
授業はもちろん英語で行われますし、日常生活も英語でなんとかなってしまいますので、デンマーク語学習の必要性をあまり感じないかもしれません。

しかし、卒業後デンマークでのキャリアを考えている場合は話が変わってきます。

社内の共通言語が英語だとしても、

取引先からの資料がデンマーク語だったり、デンマーク語での資料作成の必要が出てきたり、デンマーク語でプレゼンできないか?と突然依頼されたりなんてことも・・・

なので卒業後のキャリアを考えると、ある程度デンマーク語を抑えておくのが吉と言えます。

では、どうやって学べばいいのでしょうか?

一例をご紹介します。

多くの大学では、留学生用のデンマーク語コースが用意されているので、基本的なデンマーク語を大学が提供するコースで学び、スピーキングや発音など、大人数の授業ではなかなか上達が見込めないパートを語学学校で重点的に学習するというのが定番になってきます。

また、語学学校の中には、大学が休みの時期に1週間~1か月間の集中コースを開校している学校もありますので、落ち着いてデンマークの語学習に集中することもできますし、入学前にデンマーク語の基礎や、基本的な日常会話を短期間で学ぶこともできます。

 

デンマークでのキャリアをお考えの方、現在デンマークでお仕事中の方

上述した通り、取引先からの資料がデンマーク語だったり、デンマーク語での資料作成の必要が出てきたり、デンマーク語でプレゼンできないか?と突然依頼されたりなんてご経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一般的なコースですと授業は1日2~3時間、週に2回程と授業量が少なめに設定されていますし、働いている方の為に夕方~夜の時間帯や土曜日に授業を行っている学校も多いです。

本業に支障をきたさない程度の学習量で、デンマーク語学習を進めることができます。

また、生徒のニーズに合わせて資料作成のアシストや添削、プレゼンの練習などを行ってくれる語学学校もありますのでとても重宝します。

 

まとめ

デンマークの語学学校、いかがでしたでしょうか?

自分の学習目的やライフスタイルに合った語学学校を見つける足掛かりにしていただければと思います。

不明点や質問等は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です